結婚式の規模に合わせた会場の選び!会場の種類3選

大規模で大人数であればホテルウェディグ

多くの会社関係者の方友人や知人に親戚一同といった大勢の人を招待したい場合は、大人数でも十分招待できるホテルウェディングがおススメですね。結婚式の専門家スタッフがそろっており、有名ホテルであれば格式もあるためどんなゲストを招待しても安心です。また、色んな設備が整っているという点も優れているため、大人数の招待客用控室の確保といったことなども全て手配してくれ安心です。遠方からのゲストの方への宿泊施設なども充実しており招待しやすいでしょう。

知人や友人など小規模な時はレストランウェディング

人数としては20人から30人程度での規模の場合、レストランウェディングを行うカップルも増えてきています。小規模ではありますが、立食パーティーのように皆とわいわいとおしゃべりをしながら結婚式をすることができるため、人気のある結婚式の1つです。また、なんといってもレストランウェディグの一番の目玉は料理になります。普段は通常のレストランとして運営しているお店ですので、出される料理に大満足できることでしょう。通常の結婚式とは違って、控室といった設備などがない場合もあるので、その点はしっかり確認しておくことが大切ですね。

親族だけの時はアットホーム自宅結婚式

新郎新婦の家族だけで結婚式を挙げたいという場合であれば、自宅での結婚式を挙げるというカップルも増えてきています。自宅を結婚式会場にするというのは、実は日本では昔から行われていたスタイルになるんですよ。新郎宅に新婦家族が出向いて結婚式が行われていました。今はそこまで格式にこだわることなく、アットホームに家族だけで新郎新婦をお祝いしたりこれから親戚同士になる両家が、杯を交わして食事をするスタイルが一般的ですね。料理は出前をとったり、互いの家庭から持ち寄ったりしながら結婚式をお祝いするのも素敵ですね。

高崎の結婚式場にする理由の一つに、高崎山の白衣観音様に手を合わせ拝むと婚活が成就すると云う伝えが有ります。